無線LAN 次世代規格IEEE802.11acの特徴

11n無線LANが当たり前のように使用されるようになった今日ですが、業界では次世代規格のIEEE802.11acへ順調な歩みだしを始めているようです。

既にBuffaloより11ac対応製品がリリースされ、店頭などで見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

11ac規格は従来の11n通信で利用されていた2.4GHzから5GHzとなり一層の高速通信への対応となっているようです。

ここでおさらいですが、2.4GHzと5GHzだと何が違うのか
メリットとしては
・周波数は数値が高いほど直進性と高速通信が可能
デメリットとしては
・直進性が高い=障害物などの近くでは極端に感度が落ちてしまう。

この特徴は携帯電話と同じですね。 

すでにLTE対応電話をご利用中の方ならご経験があるのではないでしょうか。
(野外ではLTE表記だったのが、建物内にはいると3G表記に)

尚、11acでは上記デメリットを1チャンネルあたりの帯域幅を太くすることで解消されているようです。
(従来の11n:20MHz〜40MHz 11ac:最大160MHz)

Buffalo公式サイトより



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM