関連する記事

経営者と技術者の間で

肌寒い夜になりました。
振り返るともう11月ですね。

このお仕事を始め2年と半年が過ぎようとしています。
これも関係者各位、地域の皆様のおかげと感謝致します。

本題に入ります。
アヒルンは個人経営の為、必然的に経営者としての立場は否めないのですが、生涯現役の技術者でありたいと思っています。
しかし、経営者としての視点と技術者としての視点は必ずしも一致せず、その間で苦しむ事もあります。

・技術者として、出来るだけお客様に負担のかからないような価格設定とし、ゆっくりと時間をかけて親切な説明を交えた作業を行いたい反面、業務が多忙となると時間を意識した行動も気にしなくてはいけません、

・経営者として、時間に正確に多くの方々にサポートを提供しなければいけません。
また利益を生まないと、会社自体の存続が危うくなり、結果として事業撤退となれば地域の方々にサービスそのものを提供することが出来なくなってしまいます。

現在の多忙なスケジュールでは、技術者を採用しスピーディにお仕事を行う必要があるのかもしれませんが、私はお客様との間に築いた信頼関係の元、ご依頼を頂けるような間柄を大切にして参りました。

お客様からのご依頼は原則私自身が作業を行う姿勢とし、これからも信念を曲げるつもりはありません。
故にお待たせしてしまうことがあると思いますが、どうかご理解頂けますようお願い申しあげます。

また、パソコン本体の値段が下がり続ける現在において、サポート代はどうしても目につく金額になってしまったと思います。

パソコンは人体のように、必ずしも悪い箇所があっても治さなくても生活はできる為、後回しも可能です。
往復の移動時間・交通費に実作業、技術や知識の習得などより、ギリギリの価格で提供させて頂いております。

正直に申し上げて、このお仕事は決して儲かる仕事ではありません。

過去に同様のサービスを行った会社は軒並み撤退されたと伺っております。
しかし、無くては遠方まで足を運んだり、メーカーへ修理の為配送し長期間使用出来なくなってしまいます。
とても不便をお掛けしてしまうと思います。

私はこの仕事でビルを建てようとは思っておりません。

末永く事業存続する為の最小限の報酬を頂き、最大限のサービスを提供していけるように、ご理解頂けたらと思います。

長文最後までお読み頂き、ありがとうございました。


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM