World IPv6 Launch

World IPv6 Launch」 馴染みの無い言葉と思います。

本日2012年6月6日より世界中のネットワーク機器を提供するベンダーが
従来のIPv4に加えIPv6を有効になります。
このイベントにより、一部のインターネット環境において正常にページが
表示されないなどの懸念がございます。
 
「なぜIPv6が必要?」
 
 
現在世界中のネットワーク機器がネットワーク通信を行う際に
主にIPv4を用いた通信手段を用いていますがIPv4が登場した時代には、
想定外の規模となってしまいIPアドレスの枯渇に対する手段として
IPv6が登場しました。
IPv4は42億個に対し、IPv6は340澗(読み:かん)のアドレス空間が
使用可能となります。(340澗=340兆×1兆倍×1兆倍)

「IPv6化で何が変わる?」

これまでIPv4ではIPアドレスが不足していた為インターネット側(WAN)と
家庭内側(LAN)では別々のIPアドレスを変換して使用していた為
ネットワーク機器の設定が複雑となってしまう弊害がありました。
完全にIPv6化となった際には、すべての通信端末にグローバルIPアドレスを
持つようになり外部のネットワーク側と内部ネットワークの間での変換の
必要がなくなります。
 
 
では、これを噛み砕いた説明に置き換えると、今まではインターネットへ
接続するたびに回線業者からIPアドレスを借りて利用していました。
インターネットへの接続を終了し、再度接続するたびに新しいアドレスを
借りていた為、ある意味での匿名性を保ってこれたのですが、
IPv6化により端末すべてに固有のアドレスが割り振られた際は、
少なくともインターネットへ接続する端末に匿名性が無くなるかもしれません。
複雑なネットワークの設定が不要となるなど、利用者にとって便利な仕組み
ではありますが、、国民(個人)番号のように端末1台ごとに固定された情報を
持ち管理される事は、より一層の情報管理の徹底を求められると思います。



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM