MagicMouseの軽量化

ワイヤレスマウスはバッテリーを搭載する構造上、どうしても重量が重くなってしまう傾向があり
重いマウスは長時間の操作において手首の疲れや肩こりの原因にもなりますね。

今回はMac用のワイヤレスマウス「Magic Mouse」と軽量リチウム電池「Energizer」を使用した軽量化の記事です。

まずは下記画像(バッテリー搭載状態)


106gです。
マウスとしては重い部類になると思います。



バッテリーを取り外した画像
標準で既にEnergizer(エナジャイザー)のバッテリーが入っていました。
コストよりも性能を、Appleらしい選択です。

では、この乾電池の重量はというと・・・


47g
マウスの総重量の約50%の重量の原因はバッテリーだったのですね。


では、今回使用するEnergizerの重量は


29g
実際に手の取った時の印象も驚くほど軽いです。

バッテリーを乗せ換えただけで以下のような重量まで軽減されました。


106g88g18gの軽量化です。
結果として、重量17%の軽量化を実現。

88gとなると通常の有線マウスに近い重量ですので
非常に操作感が軽くなりました。

また、このEnergizer(リチウム電池)は通常電池等と比べて
非常に持ちがよく最大で約8倍近く使えるそうです。

ただ・・・ コストが高いんですよね。
参考までに最寄りの家電屋さんでは、4個パック1380円でした。
(2012年4月13日現在)



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM