続・最新技術!パソコンにもついに3D立体映像の時代!

 昨日レビューした3Dモニターに関する質問が多かった為、続報をお知らせします。

まず、一般的な液晶モニターは60ヘルツで動作しているのですが、この3D対応モニターは120ヘルツで動作設定が必須です。

また、nVidia 3D VisionはnVidia社製のVGA(ビデオカード)のみ対応
他社のビデオカードを搭載している製品では動作の保障がされておりません。

実際の所、3D環境の導入は少々難しい所があるため、パソコンに詳しい方でないと
初期設定が難しいかもしれませんね・・・

- どのような3Dアプリケーションが立体化されるか? -

既存の3Dゲーム(DirectX対応)であれば、基本的に全てのゲームソフト等が3D映像でお楽しみ頂けるようです。
3D対応ソフトでなくても表現が可能なあたりが素晴らしいと思います。
(最近の3Dゲームタイトルで例を挙げますとTower of AION等も動作確認できました。)

ただし、ゲームソフトによっては3Dと2Dを組み合わせたものも多く、その場合は
3D処理された部分は立体化、2D処理された部分は平面に浮き上がるような表示になります。

映画に関しては3D処理されていない為、3D映像対応のタイトルでないと立体映像にはならないようです。
アバター3D等のタイトルはご自宅でも映画館のような迫力ある映像を体験できるようです!


カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM