裸眼立体視の次に求められるもの

3DSの売り上げが好調な中、現在は新たな試みが行われているようです。

裸眼立体視が現実のものとなった後、触れる立体3D映像の研究が進められているようです。
現在は3D映像部に触れた際に、磁力を用いて反動する感触を体感できる仕組みが出来上がっているようです。
(Nintendo社とは別の研究チームです)

タッチパネル→3D映像→裸眼立体視 と、進化してきた現代
触れる立体視はさまざまな電子機器へ影響を与えると予測しております。

パソコンからマウス&キーボードが無くなるのも遠い未来ではないかもしれませんね。



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

エントリー

カテゴリー

アーカイブス

links

プロフィール

Blog内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM